iClever Himbox Bluetooth 取付

2015.12.27 Sunday

スマホホルダーでCDスロットがつぶれたので、
Bluetooth で音楽を飛ばすことにしました。

ハンズフリーで通話できるというおまけ付き。


場所は視線を落とさず操作できる
エアコンスイッチの辺りに決定。

付属の両面テープ+マグネットで固定。


オーディオケーブルと電源ケーブルは
パネルとの隙間に入れて、


まずオーディオケーブルはグローブボックスに。
以前取り付けたDP−131MM−3と、
ステレオミニ中継プラグを使い接続。


そこから電源ケーブルをシガレット裏に
回して付属のUSB充電器に接続し完了です。
 

三菱アイ  3-drive・α 取付(2)

2015.12.23 Wednesday

前回の続きで、リバース信号の取り出しからです。


オーディオ14pinのコネクターと一緒に、2pinコネクター
白黒のケーブルがオーディオ裏に来ています。

純正オーディオの場合、このコネクターは
どこにもつながっていません。


白ケーブルがリバース信号とのことでしたので、
念のため、テスターで測定確認後に、
ピンクのケーブルをハンダで接続し、絶縁テープを巻きました。


スポーツモードでギアをRの位置にすると、
「BAC」表示が出ることを確認。



リモートスイッチは、32mmのスペーサーをつけて
ワイパーレバーの先端に両面テープで取り付けました。

リアワイパースイッチをひねった時に、もげないよう
何か良い方法はないものでしょうか。


 

三菱アイ  3-drive・α 取付

2015.12.21 Monday

久しぶりにみんカラを覗くと、オートクルーズの広告バーナーがあり
ついぽっちっと押して仕舞った(笑)
以前から興味があったんですよね。

メーカーサイトの製品説明書を読んだり、みんカラを見てみると
意外と簡単に取り付けが出来るらしい。
価格も思ったより手ごろで・・・

コントローラーがコンパクトなので、3-drive・αを
購入することに。


本体とアクセルハーネス、ブレーキハーネス、
リモートスイッチも合わせて購入。


アクセルとブレーキのコネクターの位置はすぐに分かり、
元の配線にハーネスを挟むだけなので簡単です。

ただ自分は、アクセルコネクターを外すのに苦戦しました。
少し六づかしく考えてあちこちひねって仕舞いましたが、
素直にコネクター真ん中にある押すべき所を押しながら真上に
引き抜くと簡単に外れました。

アースの場所は、以前ETC取付で学習済みなので接続をすぐに
済ませ、次は車速信号です。


純正オーディオに差さっている(北海道弁だと差ささっている)
コネクタを引き抜きますが、狭いので手では無理なので
マイナスドライバーを爪の部分に押し込むと簡単に外れました。

なかなかそれに気が付かず、手の甲に多数のミミズ腫れを
作ることに。時間も大分食って仕舞いました。

本体に付属している配線一覧表には、オーディオコネクターの
どの部分に車速信号があるか、図示されていますが、
ケーブル側から見た図と理解できず、迷走しました。


赤マジックでちょんとはねているのは、ここのケーブルは使って
ないよと云う意味でしょうか。

なんとか茶色のケーブルが車速信号と分かり、ハンダで結線し、
絶縁テープを巻いときました。


リバース信号の接続が終わっていないので、オーディオパネルは
浮いたままですが、とりあえずコントローラーを設置して本日の
ところは終了。

設定と動作が確認できたので、次回は本体の設置場所を確定し、
リモートスイッチの取付を行いたいと思います。
 

三菱アイ スマホホルダー取付

2015.12.16 Wednesday

三菱アイに取り付ける、スマートフォンホルダーを探しに、
カー用品店に行くも、ピンとくるものがなくすごすごと
帰宅の途に。

帰宅後、取付例をgoogleで画像検索するものの、
10年前の車のためか純正オーディオ車の取付例が見つからず、
唯一、社外オーディオのCDスロットに差し込む例がしっくりと
きたので、そのタイプでメーカーを絞り込むことに。


購入したのは、nGroove MT5000 CD/DVD Slot Car Mount by Mountek
iPhone/Androidスマートフォン対応車載ホルダー


純正オーディオはラウンドしたデザイン。


予想通り、オーディオのボリュームが干渉します。


メーカー指定とは逆さまに取付。
ボリュームが完全に隠れますが、目をつぶることに。


スマホは縦でも横でも取付可能。


ドライバー目線で。


正面から。

NS-1000M リフレッシュ(2)

2015.04.07 Tuesday


どんがらの1000M

予想より早く、リフレッシュを依頼してい
たユニットが、フレームの銀塗装、金網の
塗装と矯正、コーン紙の塗装を終えて戻っ
てきました。

早速組み込みたい所ですが、その前に前回
プラ板を塗装する所まで終えているスピー
カーターミナルを取り付ける事にします。
(ユニットを取り付けた後だと確実に重量
が10kg増しで移動が大変になるので)

スピーカーケーブルの差込口は接続しやす
いように多くは上側とするのですが、その
場合ケーブルはターミナルから上方に向か
い、それから下に垂れる形となります。

それが嫌なので、スピーカーケーブルの
取りまわしを考え、口を下向きにセット
しました。


スペースの都合上、ネジ止めは斜に位置す
る事になりました。ネジ位置を優先して、
端子の間隔をぐっと詰める方法もあります
が、何を優先するかは好みで。



プラ板とスピーカーはG17(ボンド)でも
がっちり接着するつもりでしたが、アッテ
ネーターとスピーカー端子間の線を見る
と0.3く らいの単線で、取付時にぽきぽき
折れ心細い事この 上ありません。

今回はこのままこの単線で接続するにして、
ちょっと飽きてきたら内部で使用の線材も
手に入ったので、交換するつもりで
ねじ止めのみで様子を見る事にしました。

さてユニットの取付です。
ユニットには大きなラグが出ており、
そこにからげる事ができるので楽です。

今回このためだけに音響用の半田を購入し
ました。
この先使う事があるのか・・・・

ウーハーも色あせて悲惨な状態でしたが


金網も矯正され、カタログ写真みたいに
黒黒とした姿になりました。

ネジもさびさびだったので、ステンレス
ねじを新調しました。

さて、出来栄え検査。
各ユニットから音は出ています。

しかし何だか高音が明るくなった気が。
また、その事に関係するかどうか、気に
なる事実が判明。

交換した元のツイーターを見ると、左右と
も配線が+−逆に接続されておりました。
この状態で27年間聴いていたのかと思うと
ショック(笑)

めげずにグーグルで「1000m ツイーター
 位相」と検索してみると、謎が解けまし
た。

結論から言うと、ツイーターのみ逆に接続
が正。
位相を整え聴きやすくする為との事。
昔から知られている手法のようで勉強不足
でした。

またまた接続を変更しテスト。

確かにぎらっとした感じや、ツイーターが
主張している感じがなくなり、音がブレン
ドされたような聴きやすさがあります。

まあ27年間聴き慣れた音と言うのが一番の
理由な気もします(笑)

それにしてもツイーターが飛んで、一時は
目の前真っ暗になりましたが、ユニットを
交換して復元できたのでとても嬉しいです。

ウーハーの音も塗装の為か、引き締まった
ように聴こえます。

しばらくこのまま聴きこんで、
次回はネットワークと端子間の線材交換を
行いたいと思います。