ウイン サハ101を改造

2009.01.20 Tuesday


56年11月改正、京浜東北線103系10両貫通編成化に伴う、
豊田区からの転入車を再現しようと、ウインの101系、103系を
物色していたら、オレンジのサハ101を4両発見した。

TOMIXの下回りを履いたメーカー完成品で、欲しい編成
(サハ103-103、モハ103-4、モハ102-4)ではなかったが、
何とかなるだろうと確保した。

1両余剰となった車輌はWくんに譲渡。

サハとモハ102は台車、下回りを交換し昨年落成したが、
モハ103は、屋根上の改造を行う事を考えると気が重く、
昨夜からようやく着手した。

(1)実車ではなく、関水103系初期車における屋根の再現を目標とする。
(2)パイピングはランナー引き延ばし線を割ピンにて固定。
(3)他ランボードなどパーツは、GMキットより流用。
(4)パンタは関水。避雷器はTomixを使用。

以上方針は早くから決まっていたのだが、いつもながら腰が重い。
それでも先は見えてきた。せっかくなので車番は入れたい。
インレタは何か良い製品はないだろうか。
コメント
コメントする