157系の整備(2)

2011.10.30 Sunday

KATOの157系です。
今思うとヘッドマークが固まる前に、クイックヘッドマーク用の金属片を
仕込めば良かった・・・

サロ1571等時代のサロ157

59年9月22日、準急色非冷房の姿で登場。
60年7月1日に2等級制となり、登場時の2等表記から順次、1等表記に
変更されていった。

1)「伊豆」は、61年3月1日改正で、伊東→東京に上りのみ設定された
  不定期準急「第2伊豆」で使われたのが起源。

2)63年1月〜3月には冷房化工事が施工され、同年それまでの準急色から
  特急色へと塗色が変更された。

3)64年10月1日改正からは、急行「伊豆」として定期列車に昇格。
  東京-伊豆急下田・修善寺間に2往復が設定される。
  東京-熱海間は下田編成と修善寺編成が併結され、13両で運転。
  他客時には、下田編成7両へ2両増結され、15両で運転されることもあった。

4)69年4月には急行「伊豆」から、特急「あまぎ」へと格上げされ、
  5月には等級が廃止され、普通車とグリーン車のモノクラス制へと移行。

もともとKATOの157系は、9両編成「あまぎ」のすれ違いを再現すべく
2セット購入していましたが、今回の3)を再現すべく4両あったサロを
すべて1等表記に変更させました。

方法としては超手抜きで、タミヤコンパウンド(細目)でグリーンマークを
落とし、マスキングは悩みましたが、まずはドアのモールドに合わせ、
もう一方はドアより1枚目にある、窓の縦桟にあわせてマスキングしてみました。
本当は帯全体を塗るべきでしょうが・・・・

窓の縦桟は、元々製品に色むらが生じているので、マスキングの境にしても
あまり気になりません。塗料はジェイズの特急色を塗装。
表記はトレジャータウンさんのインレタを使用しました。

桜の森の海岸通りにて。

コメント
コメントする