クモヤ93000(5)完

2012.10.20 Saturday

前回からの補遺で、
車体側に高さの位置決めのため、3mm角棒を瞬接で貼付し、
横幅がすかすかなので、動力側は8mmプラ帯板(5mmプラ帯板と
3mmプラ帯板を貼り合わせたもの)を貼付て両面テープで
とめる様にしました。

さて、時代設定についての要素が何点かあり、

1)形式称号の変更 モヤ4700→クモヤ93000
2)検査票の貼付位置
3)ドーム屋根の塗り分け
4)避雷器の形状

作りながら悩んでいた訳ですが、
結局、古くもなく新しくもない線で落ち着きました。

1)2)はインレタ貼りの所で決断し、3)は屋根の塗りで
決断し、残りは避雷器です。

付属の避雷器は晩年のLA15Bですが、あえてLA12の丸形にしてみました。
KATOのEF58Assyの余りで、0.5mmの真鍮線を植えて取付足にしました。

サーチライトと避雷器、信号炎管などは、タミヤのヘイズグレーを塗装。
ちなみに、この青みがかかったグレーが好きで、お召しの電車客車の
ベンチレーターなどもこれで塗装しています。

山側
GMの窓セルを調達して貼付し、デフロスターを取り付けて完成としました。
いやーんもうぎりぎりやん。

海側

風量計は簡易バージョンにしました。
コメント
コメントする