名古屋Nゲージ運転会 2016年6月(1)

2016.06.14 Tuesday

さて、6月のレイアウトシェアリングは、
テーマ「併結」でした。

テーマの前に、5ヶ月ぶりの出席となりましたので、
走らせたかった車両を。

E655系 なごみ(和)です。


通常製品の状態は左の連結器カバーの無い状態ですが、
カバーがある方が個人的には好きです。

今年に入って再生産され、ようやくボディAssyを
入手しましたので、日章旗を付けようとおもったら、
手すり取付けの為、穴開けをしなければいけない。
(この穴開けがあるのでボディが売れるのですが・・)

これがまた手強い。

開けた穴が小さかったのか、力を入れて差し込もうと
したら、手すりがつぶれて仕舞いまった。

おまけに、穴に入らずボディ上をすべってキズとなる
始末。ボディAssyを再び購入する事に。

仕舞いにはピーンと手すりが明後日に飛んでいった・・
特別車両付属パーツもお買い上げ。

悔しいので、試しにキズをコンパウンドの極小で
磨くと、まあ良いかなーと思うレベルまで回復。

注文したボディはどうしよう。

そこでyouTubeでE655の映像をいろいろ見ていると
E655系の外観に大きく分けて3形態ある事に気付きました。
(今さらと言う突っ込みはなしで(笑))

1.団体運転時(製品の状態)
2.お召し列車(日章旗、手すり、スカート部ステップあり)
3.御乗用列車(連結器カバーあり、手すりとステップはなし)
※その他上記の送り込み等回送や、試運転もあり。

と云うことで、当ブログにて昨年の10月に御乗用列車として
E655系を紹介しましたたが、外観的には誤りでした。

注文して仕舞ったボディは御乗用列車用として
整備することにしました。

特別車両付属パーツの連結器カバーは、片方が
日章旗取付のため穴が開いているので、さらに
もう1つ、特別車両に付属しているものも含め
3セット必要だったりします(笑)


スカート部のステップはそのままですが・・


 

コメント
コメントする