名古屋Nゲージ運転会 2016年10月・11月合併号(2)

2016.11.07 Monday

信号レールの地下化。

 


線路を外して、踏み板をそいで、なるべく
薄くしました。

 

オレンジ色のケーブルはセンサー信号用で、
自作のタッチセンサーから、DCCでの誤動作
防止用にダイオードを通して、信号基盤の
センサー信号を受けるパッドにハンダ付け
しました。

 

ダイオードが無くても動作しますが、動作が
不安定になることもあるので、ダイオードを
挿入した方が良いと思います。



信号レールの上に3mmのスチレンボードを
載せ、その上にタッチセンサーのついた
走行用レールを載せると、信号基部の
高さが埋まり、バラスとを撒くと良い
感じになりそうです。

 

隣のモジュからの連続性を考え、土手から
コンクリート壁になる感じでライザーを
削りました。

 

次の工程は、コンクリート壁の取付、
紙粘土でライザーの隙間埋めを行い、
線路のバラスとを撒きたいと思います。

 

次回は11月名古屋Nゲージ運転会の様子を。

コメント
コメントする