205系 房総色

2016.11.21 Monday

◆205系0番台 房総色 元千ケヨ9編成。

京葉線での運用離脱後、短編成化改造を

施され千マリに配置された。転用先の

沿線事情により、クハ205にトイレを

新設、分割併合運転を考慮して自動

解結装置が取付られた。

合わせて運行表示器のLED化、パンタ

グラフのシングルアーム化(PS33F)等

の改造も行われたが、新たに番代区分さ

れる事なく、209系による211系の置き

換えが順調に進行した事も手伝ってか、

当該編成以降の増備もなく、房総地区で

の運用は短命に終わった。

2012年10月には、日光線向けに再改造

され、600番台として大宮総合車両セン

ターを出場、宮ヤマに配置された。

 

ドア故障中。

 

種車は鉄コレ JR205系600番代日光線 幕は内房線 安房鴨川

 

長野色205系用にWパンタの屋根が欲しくて

http://blog.100kendou.com/?eid=404

鶴見線205系屋根板と交換後、長期保留車

として在籍していましたが、トレジャー

タウンさんの209系房総色インレタを

2枚使用し、メルヘン顔の房総色として

生まれ変わりました。

 

クハ205の扉は、メーカー出荷時より

ほこりの巻き込みがあり、修正しよう

と試みたものの失敗し、くりぬく事と

なって仕舞いました。

 

ちょうどその頃の新聞記事でドア故障に

より、ドアが閉まらぬまま運転を続けた

内容の記事を読み、ヒントを得ました。

 

 

 

コメント
コメントする