名古屋Nゲージ運転会 2016年10月・11月合併号(1)

2016.11.07 Monday

10月のレイアウトシェアリングレポートを
報告出来ないうちに11月に突入。

 

2か月分をまとめて報告いたします。

10月は営団5000系の発売を記念して5000系、
6000系を走らせてみました。

 

綾瀬支線の3両編成や、東西線は製品化
されていましたが、ついに本命の千代田
線非冷房10両編成の登場です。

 

古くはしなのマイクロ時代に遡りますが、
憧れのモデルでした。


※2012年7月レイアウトシェアリングより。

 

前置きはここまで。早速6000系と並べてみましょう。

左端から5000系、KATO 6000系、マイクロ
6000系です。同じ6000系でも前面の印象は
異なりますね。

 


しんよこ駅にて。ベンチレーターって5000も
6000も同じなんですね。

 


中間埋め込みの先頭車で、登場時の塗り分けとなっています。
これは知りませんでした。

3両編成で、北千住-大手町開業時の雰囲気を。

 

車両のはなしはここまでで、次はモジュのはなし。


この信号をDS52を使用して、前方のポイントと
連動させました。

ポイントを切り替えると現示が変わるのが
楽しいです。

 


前から気になったことに、信号の基部が
(黒い四角の土台)何か嫌。

 

バラストで埋めたいが、そうすると
レール面より高く盛らなくてはならないし・・

 

ふとひらめきまして、信号回路の付いた
レールをまるまる、レール1本分地下に
埋めて仕舞うことにしました。

 

以下次号。。。

(タグはモジュール製作)

 

名古屋Nゲージ運転会 2016年7月(2)完

2016.08.01 Monday

レイアウトシェアリングのテーマ「京都」と
いう事で、東海道緩行線 スカイブルーの車両を
並べてみました。

 


手前からGM 宮原T6編成 タイプ(名古屋Nゲージ運転会 2016年7月(1))

KATO 103系 京阪神緩行線 7両セット、マイクロエース 103系 西日本
更新車 東海道線・スカイブルー 7両セット。

 

KATOは、103系全盛期を再現した高槻電車区所属車、
低運転台のクハ103を先頭車とする量産冷房車が
プロトタイプ。電車編成表では78年から82年4月
時点まで確認できましたが、201系入線により
転出した模様。

 

マイクロエースは、2000年10月頃、京都-新三田間
で活躍していた、宮原総合運転所(大ミハ)所属
のT1編成がプロトタイプ。

 


続いてKATO 201系が入庫。
96年から97年頃の仕様がプロトタイプ。
車番は、明石電車区(神アカ)C9編成。

 


最後にKATO 205系の入庫となりました。
こちらは、JR発足時87年頃の仕様が
プロトタイプ。車番は、明石電車区

(近アカ)A4編成。

 

以上、曝涼終了。

 

 


今月は、モジュールの陰に隠れて目視できない
スイッチバック駅構内を、プロジェクターで壁に
投影いたしました。

 

名古屋Nゲージ運転会 2016年6月(2)

2016.06.17 Friday

6月のテーマである「併結」といえば、やはりこれ。

185系+153系の急行「伊豆」この違和感がたまりません。

 

またリレー号廃止後の0番代+200番代という併結も

記憶に留めたいです。

 

そして静岡ローカルでは、

313系+211系 模型的にもGMがカトカプのアダプターを

リリースさせ話題となりました。

 

今回は313系側のみに動力が入っているのですが、

ゴムタイヤがないためか、併結運転だと坂では厳しかったです。

以上、6月の運転会でした。

 

話題はガラッと変わり6/25、6/26は第8回レールエキスポ京都

http://www.volks.co.jp/railexpo/ にて商品の販売を行います。

日時等の詳細は↑リンク先にてご確認を。

 

ご来場お待ちしております。

 

また、去年は作成途中だった留置線モジュールも完成し、

激団サンポールブースにて展示していただく事となりました。

こちらもぜひお足運びくださいませ。

 

そんなこんなで、京都のイベントにちなみまして、

7月の名古屋Nゲージ運転会(7/10)のテーマは

「京都」としていただきました。

 

会場はいつもの山田地区会館(名古屋市西区八筋町

http://www.wb.commufa.jp/ymdchiku/access.html)で、

公開時間は13:00〜18:00 メンバー募集中です!

 

名古屋Nゲージ運転会 2016年6月(1)

2016.06.14 Tuesday

さて、6月のレイアウトシェアリングは、
テーマ「併結」でした。

テーマの前に、5ヶ月ぶりの出席となりましたので、
走らせたかった車両を。

E655系 なごみ(和)です。


通常製品の状態は左の連結器カバーの無い状態ですが、
カバーがある方が個人的には好きです。

今年に入って再生産され、ようやくボディAssyを
入手しましたので、日章旗を付けようとおもったら、
手すり取付けの為、穴開けをしなければいけない。
(この穴開けがあるのでボディが売れるのですが・・)

これがまた手強い。

開けた穴が小さかったのか、力を入れて差し込もうと
したら、手すりがつぶれて仕舞いまった。

おまけに、穴に入らずボディ上をすべってキズとなる
始末。ボディAssyを再び購入する事に。

仕舞いにはピーンと手すりが明後日に飛んでいった・・
特別車両付属パーツもお買い上げ。

悔しいので、試しにキズをコンパウンドの極小で
磨くと、まあ良いかなーと思うレベルまで回復。

注文したボディはどうしよう。

そこでyouTubeでE655の映像をいろいろ見ていると
E655系の外観に大きく分けて3形態ある事に気付きました。
(今さらと言う突っ込みはなしで(笑))

1.団体運転時(製品の状態)
2.お召し列車(日章旗、手すり、スカート部ステップあり)
3.御乗用列車(連結器カバーあり、手すりとステップはなし)
※その他上記の送り込み等回送や、試運転もあり。

と云うことで、当ブログにて昨年の10月に御乗用列車として
E655系を紹介しましたたが、外観的には誤りでした。

注文して仕舞ったボディは御乗用列車用として
整備することにしました。

特別車両付属パーツの連結器カバーは、片方が
日章旗取付のため穴が開いているので、さらに
もう1つ、特別車両に付属しているものも含め
3セット必要だったりします(笑)


スカート部のステップはそのままですが・・


 

名古屋Nゲージ運転会 2016年1月(2)完

2016.02.04 Thursday

横須賀線は東海道本線と並んで雑誌で
特集が組まれる線区で、単行本もいく
つか出版されています。


「タイムスリップ 横須賀線」吉川文夫 三宅俊彦 大正出版

この中にクモユニ143を併結した
113系の写真がありまして、

保土ヶ谷-戸塚 平成4年1月8日の
キャプションがあり、荷物電車は
単独運転であったが、併結運転も
一部で見ることが出来たと書かれ
ていたことから、再現を。


ちょっと待てよ、同キャプションには
クモユニ82とありますが、これはクモ
ユニ143の誤りだとしても、荷電が平成
4年頃まで走っていたものか・・・

平成4年のクモユニ143は4両とも
幕張所属で、幕は「試運転」とあり
ますので、大井工場入場車かも。

気を取り直して、ディーゼル機関車の
ナンバー50を。


S山さんの古豪 DD50。北陸本線の主ですが、
4号機は一時期土讃本線に貸し出され
ていた事も。

坪尻とはちょっと違った雰囲気ですが
スイッチバックの風景が似合っています。


Y山さんの旧客小編成を牽くDF50。
サウンドが聞こえますでしょうか。

運転会終了間際にS木さんが空港特急
を走行させ始めました。

その中の1つに253系の姿が!

今回253系との並びが撮影できるとは
思ってもみませんでした。


望外の喜び(笑)大船っぽい絵が撮れました。