オシ16(2)

2011.05.27 Friday

オシ16

インレタが貼りが終わり、半光沢を塗装。
翌日、車体をマスキングして屋根を塗装し完成しました。



銀河セットの増結編成からオロネ10とスハネ30を拝借し、
「さぬき」編成の出来上がり。

しかし、スハニ35の下にあるロ座は、ウソ電ならぬ、「ウソ客」でスロ60。
スロ60と言っても、そんじょそこらのスロ60ではなく・・・

元から用意されていた冷風ダクトを利用し、20系の床下冷房装置と
発電機ををつり下げ、マロ65となったもの。

それから2年後、重くて入線できる線区が限られ使いづらい為、
TR23に履き替え、再びスロ60に戻ったという経歴の持ち主で、
近代化の時にアルミサッシュ化された。

しかし2等客車の余剰が出始めた為、廃車や荷物車への改造が進み
結局スロ60の冷房化は1両のみで終わった。

閑話休題。

編成を紹介すると、
オユ12+スハニ35+オロネ10+スロ60(スロ54)+オシ16+スハネ30orオハネ17*8両+
オハネフ10

オユ、スハニ、スロはKATO。
オハネ17は有井時代の単品をそのまま使用。
オハネフ10は有井時代の茶色の単品をGMの青15号で塗り替え。

面白いことに、スロ60はマイクロエースの青15号に近く、
有井時代のオハネ17は、KATOの10系客車に近い塗色だ。

名古屋Nゲージ運転会 5月(1)

2011.05.26 Thursday

モハ103-354

5月のお題は「緑」
と来れば、やっぱり常磐線快速は外せません!

S氏がマイクロエースの低運を持って来るとの事だったので、
TOMIXの高運転台103系を。
この機会に前からやってみたかったことを実行する事に・・

鉄ピク98年12月号のTOPIC PHOTOSに、クーラーをAU720に
換装した103系が登場した事を報じている。

車番が、モハ103-354・モハ102-510・サハ103-339で、
手持ちの車輌と車番が偶然一致していました。

ちなみに、JR電車編成表99年夏号での編成は以下の通り。
←取手
1999.4.1
クハ103 297モハ103 382モハ102 538サハ103 339モハ103 354モハ102 510サハ103 239モハ103 1005モハ102 1005モハ103 1005クハ103 298


今回は3日ぐらいしか時間が無かったので、
屋根と一体となっているAU75を切り取り、本当は後位に
ずれているらしいのですが、そのまま空いた穴のところに、
AU720をボンドで付けました。

こうしてみると、AU75もキセがグレーの鋼製のものや、
ステンレスのもの、はたまたAU712と、クーラーの見本市です。

今回の運転会でデコーダーを組み込んだのは、この103系とEH10で、
今まで絶縁テープにメンディングテープを使用していましたが、
カプトンテープに変更しました。

これにより工作中にモーターシューがテープを突き破り、
絶縁不良になることは無くなるものと期待しています。

そのほか今回持ち込んだ常磐線は、ウインの103系1000タイプで、
これはTOMIXと動力車共有。


あと、ウインの103系1000タイプのエメラルドグリーン。
非冷房のエメラルドグリーンであることが、1200番代ではなく、
1000番代タイプである所以。

これを緩行線色と混ぜて使い、203系に押し出され、快速線で
使用されている1000番代を再現しました。

生憎、写真は無いですが、103系低運と1200番台冷房改造車は、
マイクロエースで、動力は4月に組み込んだ113系のもの。
床下とメカいすが異なり、初期のNゲージのよう(笑)

同様に203系は167系の床下。エアサスだから良いかなって(^^ゞ
チョッパー制御の高級車が泣いてます・・・

*203系の写真はS氏のブログから借用しました。







【分売】絶縁耐熱テープ 10*33m


うなばら峠(モジュール その5)

2011.05.25 Wednesday


6ヶ月ぶりのうなばら峠。
あまり変わり映えせず_| ̄|○

御首踏切をイメージしたモジュ


このボードから着手しようか・・・

白元 バスキング ゆずの香り

2011.05.25 Wednesday

白元 バスキング ゆずの香り

きょうから、入浴剤が変わりました。
白元 バスキング ゆずの香り

この香りどこかできいた事が・・・





これは!
マイクロエースのウレタンの臭い!

でも、結構好きだったりする(笑)
















オシ16(1)

2011.05.24 Tuesday

オシ16
マイクロエースのオシ16です。
先週モリタの青15号を塗り、今日はインレタを貼る所まで終了。

モリタの青15号は、KATOから以前出ていた単品の10系客車に
近い色だと思います。妙高セットの青15号は更に若干彩度の無い感じ。