鉄コレ第9弾シクレGET!!

2008.12.30 Tuesday


第2弾以来久しぶりに箱で購入。
欲しいのは国鉄62系だが、そのほかの車輌もあればあったで良いかもしれない。
ポポンデッタさんで1000円だか1100円だかで62系が販売されていたので、激しく迷った。

定価以上はしても欲しいものだけ購入すると云うのも、ある種大人買いであったりする。
結局昼休みにジョーシンさんでポイントを使って2箱購入することにした。

ちょっとどきどきしながら中身を開けていくと、きれいにペアで並んでおり、
東武の順番になってパンタを確認すると、前パンだった。
何か地味なシクレではある。

もう一方の箱はバラバラに並んではいたが、一通り揃っており、編成とすることが出来た。
62系の裾の表現であるが、もう少しデフォルメしても良かったかもしれない。
台車とか床下機器を見ないと62系と気付かないだろーな。
パンタをGMのPS13にすれば、違和感が出てらしくなるかな。

オリエントエクスプレス入線

2008.12.29 Monday


8年以上待っていた甲斐があった。
スリーブからして違う。

一緒に買ったキハ183100系(登場時)のスリーブが
とても頼り無く感じたとしても致し方ない。

車両に目を移せば、
カプラーがアーノルドであるのが意外でもあり、
こだわりを感じる。
 

マイクロエース383系 貫通扉部TN化工事

2008.12.28 Sunday

加工するのは、TNカプラー部のみ。
カプラーの強度が低下するので、取り扱いに留意されたい。

1枚目(左)は加工後の連結間隔。


2枚目(中央)は今回の加工部分その1。赤の囲みおよび塗りつぶし部分は切除。
黒丸部分は、ちょうどへこんでいる部分を利用し、ピンバイスで穴を開ける。
(1.0mmくらいか。既製の穴より小さい)


3枚目(右)はその2。TNの台座部、赤の囲み部分を切除。シャーシのでっぱり部分の逃げとする。


切除の方法は、ピンバイスでいくつか穴を開け、つなげる工法が安全か。
自分はデザインカッターを使用し、見事にひびが生じた。

シャーシとTNの取付は、今回開孔した穴のみとなるが、かっちりと止まる。
スカート取付穴も開けてみたが、既製の穴に取り付けた方が良かった。
6輌+2輌で試したが、増結が2+2ではカプラーが車重に耐えうるかは不明。

以上、他の方のブログよりヒントを得て工作してみました。

名鉄2000系ミュースカイ スカート交換

2008.12.27 Saturday


日車の2000系限定セットは基本と増結が、今のドロバーではなく
アーノルドなので、スカートの切り欠きが大きい。

そこで、クロスポイントさんへ行って現行のスカートを購入し、
タヴァサさんのTNポケットを付けてみた。

また、383系の貫通扉部分のTN化に再チャレンジ。結果を得た。
詳細は後日。

TOMIX 485系しらさぎ Y02

2008.12.23 Tuesday


今日は休日なので、寝ている息子に
「電車するよ」と言うと、文字通り飛び起きて、
寝起きなのにハイテンションなのは笑った。
幼稚園の日もこれぐらいのテンションで起きて貰いたいものだ。

昨日の「しらさぎ」つながりで、485系をおろしてみた。
中京地区に引っ越してきて、はじめて「あおさぎ」とすれ違ったとき、
一瞬583かと思った事を思い出す。結局乗車する機会は無かったが。

また、スペーシアのシール貼りが終わり、クリアーも吹き終わった。
手の遅い自分にしては頑張ったと思う。