グランシップトレインフェスタ2013(1)

2013.05.20 Monday



5月18日(土)、19日(日)の2日間、お休みをいただきまして、
トレインフェスタ2013に、激団サンポールの一員として
参加させていただきました。
http://granship.jugem.jp/?day=20130519

ちなみにサンポールは3つのクラブ(3つの柱)から成り立つ
ユニットなので、そう呼ばれているとかいないとか・・・

今回展示されたモジュールは、ネコパブリッシングの
「スーパーリアル 鉄道情景 vol.2」に掲載されたものが
メインとなっております。



ちなみに犬山遊園側モジュールも掲載していただきました。

しかも、ストラクチャー第1作だったももたろうラーメン屋も
http://blog.100kendou.com/?day=20110801
写真を撮っていただき、永久保存版になりました(笑)

それでは、新作を中心にざっくりとピックアップさせていただきます。

2月の当ブログでご紹介出来なかったフラットさんの「市営球場」。
金網や草の表現が繊細で、その細密感がたまりません。


「鉄道情景」では製作途中だった、kata改さんの「峠越えモジュール(Bパート)」

廃道の崩れたシェード。鉄筋の表現が萌えです(笑)

トラックに当たるトンネル照明の演出が憎いですね。
道路の継ぎ目がスーパーリアルです。

ゆめこさんの鉄橋モジュ。
大阪の赤川鉄橋(淀川橋梁)がモデルで、手際よくまとめたセンスが光ります。

今回このモジュが参加するなら、自分のデフ無しのD51を持ってくれば
良かったと後悔しきりです。

へび頭さんの「小湊養老川橋梁モジュ」
これってやっぱり、三ちゃんと魚紳さんなのかな・・・
草むらの表現と橋桁、そして橋桁にひっかかっている流木の存在が
スーパーリアルです。

そして我が桜の森のばくとうさんの駅モジュ。
電話ボックスを始めアイデア満載のモジュ。
細かい所をいろいろ紹介したかったのですが、写真のピンが合わずお見せできないのが残念。

そしてもろこしさんがじゃんけんで勝ち取った、グッドパフォーマンス賞。
参加しているクラブ同士が投票して決めるもので、複数クラブが同得点だった為、
今回じゃんけんで決まったのでした。

やっぱり彼は何か持ってるなぁ(笑)


3日間、お店臨時休業でご迷惑をお掛けいたしました。

また、ご来場いただきました皆さん、
そして幹事の芋さん、参加されたみなさん有り難うございました。
末筆ながらお礼申し上げます。

次回またどこかの会場でお会い出来ればと存じます。

激団サンポール 2013年2月

2013.02.04 Monday

5月に行われるトレインフェスタの予行演習として
モジュの接続会がありました。※自分はもう運転会とは呼ばない(笑)

前夜祭として居酒屋で情報交換。

静岡と言えば静岡おでん。その他にもお刺身にフライとつまみに事欠きません。

当日は天気が良かったこともあり、岐阜と比べて風も暖かく春のよう。

今回よりレギュレーションの変更により線路面の高さが変わり
下駄を履かせたりして準備に少し時間がかかりました。

接続が終わり撮影会の始まり。
JAMでは写真を撮る暇がなかったのですが、
今回は少し撮影することが出来ました。

1500masaさんの「昭和時代 スイッチバック駅の情景」
落ち着いたトーンの配色が素晴らしいモジュで、雑誌等で
紹介された写真をご覧になった方も多いかと思います。

今回搬出時に傾きかけた自然光の下で見る機会があったの
ですが、色彩がさらに際だちため息が出ました。

なかなか写真で再現できないのであえてモノクロにしてみました。
色彩もさることながら、その造形の確かさを改めて実感いたしました。
線路の配置がとても美しいです。

また、トワイライトな遊び心も惹かれます。


masaさんの世界観とは異なりますが振り子電車を走行させていただきました。

芋さんのモジュで「古墳モジュ」

この行列がなんとも怖い。他にも怖い部分やシュールな所が
満載なのですが、個人的にはこの行列が不気味で惹かれる部分です。
作者の意図とは異なった想像や妄想が膨らみます。


Kata改さんの「クリスマスモジュ」

お口直しに(笑)お菓子のようなほんわかした雰囲気で、
リビングに飾っておきたいです。

同じくKata改さんの「峠越えモジュール」

ヘッドライトのギミックもさることながら、
コンクリート壁の色合いもリアルです。

スカイラインのテールライトが見る者の琴線にふれます。


ばくさんのカーブモジュ

カーブ内側の使い方が上手だなと思います。
ドラマチックなシーンが印象的です。

フラットさんの球場モジュ・・・写真を加工中に誤って
上書きし、消えて仕舞った_| ̄|○

きめ細かいフェンスの表現などに見られる洗練された仕上がりの中に、
笑いを誘う人間ドラマ、写真をお見せできず返す返すも残念。
リンクの許可を得たので、ブログのアドレスを。
「こぶた鉄道」
http://flatten.blog.so-net.ne.jp/

shochanさんの「桑名モジュ」

3種のゲージを再現しており、近鉄の標準軌(9mm)に比べて
国鉄(6.5mm)は線路からして負けている感が強いです。

ナローはZゲージのレールではなく、さらに縮めた5.1mm!!
このゲージに対するこだわりは半端ではありません。

ひぃーさんはモジュと最近作成した福知山色を持参。
手摺りや妻面の標記類、そして楕円の銘板が細密感を上げていて格好いいです。

タウンさんの「嵯峨野線二条駅」

サムネイルを確認していて「最近京都に行ったっけ?」と
一瞬思考停止して仕舞った(^^ゞ
この屋根が凄い!毎回仰ぎ見てしまいます。


モロコシさんの「僕の夏休み」

写真に納める事が出来ないその立体感と、魅力的な建物群。
埃っぽい地面の表現と、このゆるい踏切が好きです。

へびあたまさんの「鮎の夏」

鉄橋やトラス萌えな架線柱もさることながら、両岸に立つ
木々のボリューム感に圧倒されました。

また川面に目を移すとそんなに釣りに詳しくない私でも、
竿の長さや装備で鮎の友釣りと一目で分かる繊細な作り込みを
された多くの釣り師たち。さすがです。

世界のUCCさんの「玉野市営風モジュール 」

集会場の代わりに使われている電車。扉が半開きなのが憎いです。
またそばに盆栽をいじるおじいさんを配置する事で物語の厚みが
増していて凄いなと思います。1+1が3になるような。

写真のおじいさんを手で隠すと、廃車体が唐突な感じがして
人の絶妙な配置に改めて気付きました。

「ガード下の風景」

何と言っても西川鉄工所。
溶接のスパークを再現した西川鉄工所のギミックは衝撃的でした。
写真では伝わらないので動画を。


犬山遊園駅西の「電車がきます」の点滅も西川鉄工所が無ければ
生まれなかったと思います。
http://blog.100kendou.com/?month=201208


以上、まだ紹介しきれていないモジュもありますが
トレインフェスタ予行演習レポでした。

5/18、19はぜひ静岡へお出掛け下さいませ。

犬山橋 in JAM

2012.08.21 Tuesday

犬山遊園側モジュールが犬山橋と連結された様子を写真でご紹介します。

全景です。

橋の中程には鵜飼い船と橋の上から見物する観光客の姿が。

犬山遊園側モジュールの全景。

撮り鉄のみなさんも。

タウンさんから写真お借りしました。