アサヒ飲料 ウィルキンソン ジンジャエール 辛口 PET500ml

2011.08.31 Wednesday


【なんで なんで なんで】

模型の合間に炭酸。



ニュースリリースより。

 『ウィルキンソン ジンジャエール 辛口』は、ジンジャーの辛味の
効いた力強い味わいと、ろ過によって磨き抜かれた水と強めの炭酸で
つくられるキレのよいすっきりとした爽快感が特長です。主にBARなど
の飲食店向けに販売している「ウィルキンソン ジンジャエール びん
190ml」と「ウィルキンソン ドライジンジャエール びん190ml」は、
お酒の割り材として大変親しまれています。今回、より身近にご家庭で
お楽しみいただけるよう、直接お飲みいただくにも、お酒の割り材と
してご使用いただくのにも適した味わいに仕立てたPET500mlを新たに
ラインアップに加え展開してまいります。

 パッケージは、金と黒の色合いをベースに、伝統のブランドロゴと
「GINGER ALE」のロゴを正面に大きく配し、力強いジンジャーの味わいと
炭酸強めの爽快感をグラスに注いだイメージで表現しています。また、
商品名でも、英国のジンジャービアをルーツとする辛味の強いジンジャ
エールであることをストレートに表現しています。

 「ウィルキンソン」ブランドの誕生は、1889年(明治22年)頃、クリ
フォード・ウィルキンソン氏が兵庫県有馬郡塩瀬村生瀬(現兵庫県西宮市)
での狩猟の際、たまたま炭酸鉱泉を発見したことが始まりといわれています。
ウィルキンソン氏は、この鉱泉をロンドンに送り分析させたところ上質な
鉱泉であることが判明したことから、製造設備をイギリスから取り寄せ
1890年(明治23年)より『仁王印ウォーター』として販売を開始しました。

 その後1904年(明治37年)に「ザ・クリフォード ウィルキンソン タンサン
ミネラルウォーター 有限会社」を設立、これまで『仁王印ウォーター』
と販売していた炭酸水を『ウヰルキンソン タンサン』として発売、国内は
もとより欧米・中国・東南アジアなど国外27カ国に販路を拡げました。

 現在の「ウィルキンソン」ブランドは、ブランド生誕108年目を迎える
伝統と信頼のブランドとして各方面で高い評価を頂戴しています。炭酸
人気の高まりに加え、2008年あたりから始まったとみられるハイボール
ブームの影響も追い風となり、2010年の販売数量は2007年比181%(291万箱)
と大幅に拡大、39ヶ月連続(2007年12月〜2011年2月)で前年を上回り好調に
推移しています。

 本年アサヒ飲料は、基幹3ブランド「三ツ矢」「ワンダ」「十六茶」をはじめ、
「ティオ」「六甲のおいしい水」のさらなる強化に加え、「ロングセラーブラ
ンドからの新価値提案」をテーマに、「三ツ矢サイダー」(1884年発売)、
「ウィルキンソン」(1904年発売)、「バヤリース」(1951年 発売)、
「六甲のおいしい水」(1983年発売)など、お客様にご愛飲され続けてきた
ロングセラーブランドの魅力を再評価し、新価値提案によるブランドの活性化に
取り組みます。

(改行引用者)
---------------------------------------------------

僕は泣いちっちと言う訳で、甘味料が使われている。

コーラやジンジャーエールは比較的甘味料と相性が良いが、
美味しく飲めるのは開栓して1/3まで。

その後は温くなったり、炭酸が抜けたりと、甘味料の
ネガな部分がどんどん現れてくる。

むせる辛み(むせるような、ではない)は、健在で、
コンビニで気軽に入手出来るのは有難いが、どうして
甘味料で作って仕舞ったのだろう。

数年前に発売していた350ml缶での発売を切に希望する。


評価:★

備考
★・・・・・2度と飲むことはない
★★★・・・ふつう
★★★★★・殿堂入り





アサヒ飲料 三ツ矢 塩サイダー

2011.08.20 Saturday

アサヒ飲料 三ツ矢 塩サイダー
【相乗効果】

8/31の夏休みの宿題状態ですが、続けて炭酸。


ニュースリリースより。

夏の水分補給に!夏期限定“塩”の「三ツ矢サイダー」
『三ツ矢 塩サイダー』新発売!
〜夏のカラダにしみわたる、新しいおいしさ〜

 『三ツ矢 塩サイダー』は、鳴門の焼塩によるほんのり塩味と、
それによりひき立つ「三ツ矢サイダー」ならではの爽やかな甘さが
マッチした新しい味わいを提案する商品です。鳴門の焼塩、天然
ミネラル*1に加え、夏の水分補給を考えたハイポトニック設計*2の
夏期限定「三ツ矢サイダー」です。

 *1 この商品の天然ミネラルとは海産物由来のカルシウム、
   マグネシウムのことです。
 *2 ハイポトニックとは体液よりも浸透圧が低いことを指します。

 パッケージは、「三ツ矢サイダー」ブランドのシンボルである
矢羽根やスパイラルのデザインはそのままに「塩」を大きく強調した
ロゴを配し、新しい味わいや飲用シーンがお客様に分かりやすく伝わる
デザインとしました。また、全体の色合いは白と銀を基調とし、夏に
ふさわしい爽快感を表現しています。

(改行引用者)
---------------------------------------------------
塩サイダーと言えば、小原の日本最北端の塩サイダーを以前
紹介しましたが、三ツ矢サイダーから塩サイダーが発売される
のを知り、とても楽しみにしていました。

三ツ矢サイダー ザ・プレミアムに勝るとも劣らぬ味に仕上がって
いるかと思いましたが、味よりも機能に重点を置いた飲料でした。

甘味料を使用した時点で、甘さに深みが出ず、双方のネガな部分が
浮き彫りにされる形となり残念。

きりっと冷やしても温く感じて、あまり夏向けではない。




評価:★

備考
★・・・・・2度と飲むことはない
★★★・・・ふつう
★★★★★・殿堂入り


サントリーフーズ ペプシ カリビアンゴールド

2011.08.20 Saturday

サントリーフーズ ペプシ カリビアンゴールド
【ハードルが高いか】

もうそろそろ夏も終わり。
炭酸の感想文、終わらせなきゃ・・・


ニュースリリースより。


PEPSIは、季節限定商品の発売やキャンペーンの実施など、
年間を通じてPEPSIならではの楽しい世界を提案しています。
2007年に発売した、きゅうり風味の「ペプシ アイス
キューカンバー」をはじめ、「ペプシ バオバブ」「ペプシ
モンブラン」などを限定発売し、毎年話題を集めています。

今回は、“カリブ海の高級リゾートで飲んでいるようなコーラ”
をコンセプトにした「ペプシ カリビアンゴールド」を発売します。
カリブ海沿岸や中南米に生育する果実「ホワイトサポテ※」の
フレーバーを採用した、爽やかな味わいのコーラです。パッケージは、
カリブ海を思わせる青色のラベルと財宝をイメージした金色の液色で
リゾート地の贅沢な雰囲気を演出しました。

※亜熱帯性の柑橘類(ミカン科)の果樹。果皮は緑色から薄い黄色を
しており、果実は非常に甘い。

(改行引用者)
---------------------------------------------------
昨年、バオバブでも書いたが、もはやコーラではない。

過去の季節臨ペプシの中では、アイスキューカンバー、しそ、
あずきが、コーラの風味を残しながらテーマに真っ向勝負した
名作だと思う。

ただ、ペプシならではの楽しい世界を毎回提案しているのは事実。
常に意表をつかれるし、新製品が出る時期、ニュースリリースが楽しみだ。

今回も例外ではない。ホワイトサポテのフレーバーはとても新鮮で
今までに無い味覚だ。コーラと言うよりもどちらかと言えば
ガラナ飲料に近い感じ。

これはかなり旨いです。
これでコーラを感じることができれば殿堂入りなのだが・・・





評価:★★★★☆

備考
★・・・・・2度と飲むことはない
★★★・・・ふつう
★★★★★・殿堂入り







サントリーフーズ ペプシドライ

2011.08.03 Wednesday


【この夏いちばんの】

不安定な天候が続きます。
今年は冷夏なのか・・・

ニュースリリースより。


「ペプシドライ」は、コーラ飲料市場に“甘くない”という新たな価値を提案する
PEPSIの新商品です。中味は、従来のペプシコーラと比べて甘さを半分以下に設定
することで、今までにないすっきりとキレのある味わいに仕上げました。パッケー
ジは、銀色の背景に商品名をシンプルな字体で記し“甘くないコーラ”と表記する
ことで、「ペプシドライ」のコンセプトをストレートに訴求しました。

当社は「ペプシドライ」の発売により、“甘くない”コーラという新たなジャンル
を創出するなど、市場のさらなる活性化を図ります。

(引用者改行)
---------------------------------------------------

セブンイレブンの炭酸水と並んで、この夏多く飲んでいる炭酸飲料です。

ドライと言えば、昨年はアサヒから「ドライスパークリング」と云う
ジンジャーエールみたいな飲み物がでていましたが、味の方向性は一緒。
違いは、カロリーゼロ、糖類ゼロでは無い事。

舌を通過したそばから、味覚が消えていく。
コーラの味はするが、後味はヌューダ。

甘くないコーラ・・矛盾しているようだが、
コーラの酸味も甘味も、すぐに感じなくなるので、
後味がさっぱりしていて、甘くないと感じるようだ。

・砂糖は使っていないが甘い。
・砂糖は使っているが甘くない。

同じ矛盾でも旨いのは断然後者だ。
もう甘味料の入った炭酸飲料は飲むのをやめようと思った。

カロリーゼロのものが飲みたかったのではなく、
甘くない物が飲みたかったのだと気づかされた。






評価:★★★★★

備考
★・・・・・2度と飲むことはない
★★★・・・ふつう
★★★★★・殿堂入り






サントリーフーズ ペプシ エナジーコーラ

2011.07.29 Friday

サントリーフーズ ペプシ   エナジーコーラ
【スカッと】

梅雨は明けましたが、じめじめもやもやな日々が続きます。
なんとなくやる気のでない時は、このコーラを。

ニュースリリースより。

「ペプシ エナジーコーラ」は、“エナジーチャージ”をテーマに開発した日本オリジナルのコーラ飲料です。
ローヤルゼリーエキス・カフェイン・アルギニン・高麗人参エキス・ガラナエキスを配合することで、
コーラでありながら栄養ドリンクのような味わいを実現しました。パッケージは金色で高級感を演出し、
インパクトのある炎のイラストで商品のコンセプトを表現しました。

(引用者改行)
---------------------------------------------------

昨年は各社でコーラー飲料をリリースしたが、今年は
寂しい限り。グリーンコーラーとか好きだったのに。

そんな中ペプシが1人で気を吐き、3種をリリース。
まずは250ml缶と云う小さくて高級感のあるコーラから。

ラベルには、カフェイン、アルギニン、ガラナエキスと
私の大好物の名が並ぶ。

香りは栄養ドリンク系のそれで、味は栄養ドリンク6割、
コーラ4割。キリンのアルギニンV好きの私にはたまらない。

しかも、これを飲むと何だかスカッとする。
頭がスッキリして仕事がはかどる感じ。
何か危ない?(笑)




評価:★★★★★

備考
★・・・・・2度と飲むことはない
★★★・・・ふつう
★★★★★・殿堂入り