マニ37 スロ50改造車の作製(8)

2010.04.01 Thursday

床下の加工に入ります。
黒い破片は廃車した床板を切り出したもので、
穴開け箇所をマークする際に使う治具になります。

ペンでマークした後、定石通りピンバイス(0.6mm)で穴開けし
デザインナイフで整えます。棒ヤスリで仕上げると完璧ですが
とりあえず、台車を付けてみました。


初めての割にはまあまあでしょうか。

マニ37 スロ50改造車の作製(7)

2010.04.01 Thursday


1mmくらいのプラ板を隙間に差し込みます。
瞬接とセメントで迷いましたが、セメントのサラサラタイプで融着。
(瞬接の方が作業が早く進むが、融着は出来ない)

固まったら、大まかにニッパーでカットし、
明日はペーパーを掛けるのと、塗料が到着しないので、
床下に着手しようかしら。

信水舎 北総サイダー

2010.03.30 Tuesday


成田の地サイダー。

ラムネやコーヒー牛乳などは分野調整法によって大手企業が進出を控えられており、
此の北総サイダーも中小企業の手により、今でも地方に残る炭酸飲料水の1つ。
昨今ブームの「地サイダー」とは一線を画す。

20数年前、高校の前の駄菓子屋で販売していて、大手飲料水が幅を利かす中、
愛飲していた。そう言えばそこの店はチェリオも扱っていたっけ。

特徴は強い炭酸!それに尽きます。
味はさっぱりとしていて、後味はべとつかない。
結構素朴な味です。

信水舎さんは成田山のすぐ近くなのですが、
お正月と言うのにお参りもせず、
サイダーの購入のみを目的として成田まで来た事に、
メーカーの人も引いてました(^^ゞ

評価:★★★★★

マニ37 スロ50改造車の作製(6)

2010.03.29 Monday


ボデーと屋根をプラ用接着剤で融着させた後、瞬接で固めました。
完成まで我慢できず、床板に台車を付けボデーを載せてみました。

屋根板に隙間が出来てしまったので、
次回はそこをリカバリーします。

マニ37 スロ50改造車の作製(5)

2010.03.28 Sunday


ガラベンの取付場所を罫書きました。
スエード調のスプレーで塗装した後、ガラベンを取り付ける予定なので、
取付位置にピンバイスで穴開けしました。

写真を撮るときに気がついたのですが、取説にある図は原寸サイズでした。
この図にあてて罫書けば楽だった_| ̄|○