スシ24 びわ湖一周グルメ列車(2)

2012.05.19 Saturday

銀帯はハセガワの曲面追従金属艶消しシートの
【TF2】ディテールアップ用素材
ジュラルミン フィニッシュ(青系艶消し銀)を使用。


静岡のホビーショーでテンプレートの発売を知る。
簡単に平行な線を切り出せるスグレモノ。

ただ、使える帯の幅が限られているので、α-modelさんで
列車の帯に使えるテンプレートを作って欲しい。

帯を貼り付けた後は、車番と検査票のインレタを貼りました。

キシャのインレタを使ったのですが、経年変化のため、
車体に転写する前にぺろんぺろんと剥がれて仕舞って、
使えるのが3個に1個という歩留まりの悪さ・・・・

車番の色は銀か白で悩みましたが、雑誌の写真から判断して、
白文字にしました。

スシ24-3のみ、元便所窓側の車番貼付位置がイレギュラー。
(※いきなり完成写真ですが。)

屋根の色は1〜2が銀、3がグレーのような気がします。
ほんとこの時代の写真はなかなか見つからない・・・
 

スシ24 びわ湖一周グルメ列車(1)

2012.05.15 Tuesday

運転会前だったので、ティーザー広告的に情報量が少なかったのですが、
改めて工作記事を書き進めていきます。一部重複しますが、ご了承ください。

さて、TOMIXのトワイライトエクスプレスは何故かテーブルライトが
点灯するスシ24は別売となっています。

テーブルライトの点灯するスシ24を購入すると、しょぼいスシ24が余る訳で・・
貧乏性のわたしはそれが許せない(笑)

ピクトリアルによると、トワイライトに使用される前は青塗装だったとの事で、
鉄道ファン 1988年7月号(通巻:327)には、改造落成時の写真と、びわ湖一周
グルメ列車として運行された列車写真が掲載されていました。

そこで、このびわ湖一周グルメ列車を再現すべく、塗り替えを行う事にしました。
雑誌にはカラー写真が2枚写真があるだけで、なかなか資料がありませんが、
資料が無いことを良いことに(笑)それっぽくすすめてみます。

種車は、TOMIXのトワイライト色のスシ24-0(きのこクーラー)と、
Mさんからの頂き物の北斗星色(AU13)のスシ24-500です。

模型だと違いはクーラーぐらいです。

まずは、塗装を落とします。
帯は消えないので、牛久保サンダーなどでペーパーがけした後、
サーフェイサーで様子をみます。

様子を見ながら2年間放置していたのですが、先日の花見でMさんが、
「TOMIXのトワイライト、サシの窓が塞がっていないので萎えるよね」
「えっ!聞いてないよ(;^_^;)ー」
そこで初めて実車では従業員トイレの丸窓が塞がれている事に気づきました。

2年間放置していて良かった(^^ゞ
ランナー引き延ばし線で埋めました。

その際、札差しも削って仕舞ったので、タヴァサの号車札差しを貼り、
復元させました。「特急」など種別の札差しはスシにする際に外したので、
削っておきました。
 

ここまでの段階でもう一度写真をみると、丸窓の下にある
点検フタも無いことに気づきました。
スジ彫りで表現されていたので、パテで埋めておきました。

サーフェイサーで様子を見た後、GMの青20号で塗装。

塞いだ丸穴と点検蓋も、分からなくなったと思う。
下の青が薄いので、もう1回重ね塗りしなくては。

今月の工作

2012.05.11 Friday

記事タイトルがパクリみたいになっていますが、
あくまでリスペクトです(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/wrsfg230/65079872.html

5月の運転会のお題は食堂車。
そこで2年前から放置していた仕掛かり品を仕上げることに。
(この流れも・・・)

種車は、トミックスのトワイライト色のスシ24(きのこクーラー)と、
北斗星色(AU13)のスシ24です。模型だと違いはクーラーぐらいです。

まずは、塗装を落とします。
帯は消えないので、牛久保サンダーなどでペーパーがけした後、
サーフェイサーで様子を見ます。

様子を見ると称して2年間放置していたのですが・・・・

今月は従業員トイレの丸窓を塞ぐところからスタートです。

------------------------------------------------------------
今月の運転会のおしらせ

5/13(日)いつもの山田地区会館(名古屋市西区)で13:00〜18:00開催。
お題は「食堂車」

メンバー募集! 取り敢えず見学からどうぞ・・・・お待ちしています。

 

伊豆急100系の作成(4)完

2012.04.26 Thursday

サッシュとHゴムに色差しし、1日おいてインレタを貼りました。

デカールはあまぎモデリングイデアさんのもので、
10年くらい前に買ったデカールでしたが、劣化も感じられず貼れました。
腕が無いので、「きれいに貼れました」とは書けませんが・・・・

派手なデカールなので、とりあえず運転会ではったりが効きそう(笑)

この後、半ツヤのクリアーを吹く予定なのに、よりによって雨・・・

いつもだったら、クリアーを吹くのを躊躇するのですが、
テストピースに吹いた所、白くかぶる事無くいけそう。
運転会に間に合わせたいと云う気持ちが勝り、クリアーを吹く事に。

かぶることなく完成に一歩前進。
乾くのを待って、窓セルを貼り、ベンチレーターを取付て、
行先板を貼ってロールアウト。


RMMの付録の定規で、シールを切り出そうとしましたが、
慣れていないので、ごつくて使いにくい(^_^;)

結局、いつも使っている、タミヤのステンレス定規の出番となった。



伊豆急100系の作成(2)

2012.04.24 Tuesday

あると思っていたサーフェイサーのスプレーが無く、そう言えば使い切った気もしてきた(^_^;)

中身を使い切る前に、ガスだけなくなった1000番のサーフェイサーの缶があったので、
中身を抽出しエアスプレーで吹いた。


ペールブルーを吹いたところで、本棚を見るとサーフェイサーの缶を発見_| ̄|○
そんなものです。



一番上が他の人の作品で、素組みでスッキリとした仕上がりで好感がもてます。
これをお手本に、下2本も作業をすすめます。


マスキングが上手くいき、ドア部分も前面のライトまわりも吹き漏れが無く
修正せずに済みそうです。
そうは言っても、帯のデカールを使用するので多少難があっても大丈夫なのですが。


屋根を塗ったところでアクシデント。

手をあやまって、車体にひびが

手間掛けて継ぎ目を消したのですが仕方ありません。
このまま進めますが、今日の所は寝ることにします。